つかもと歯科ブログ BLOG

マウスピース矯正のメリットとは

大人になってから歯列矯正を検討している方は、マウスピース型矯正に強い関心を持たれていることかと思います。従来のワイヤー矯正にはないメリットがたくさんあるため、その人気は年々高まっています。今回はそんなマウスピース矯正のメリットについてわかりやすく解説します。

矯正装置が目立たない

マウスピース型矯正のメリットとしては、矯正装置が目立たないという点が第一に挙げられます。例えば、マウスピース型矯正の代表でもあるインビザラインでは、透明な樹脂製のマウスピースを使用することから、矯正中であることに気付かれにくいです。これはワイヤー矯正との大きな違いです。

食事や歯磨きの時に装置を外せる

マウスピース矯正の装置は、食事や歯磨きの際に取り外すことができます。つまり、矯正中であっても食事制限がないため、好きなものを好きなだけ自由に食べられるのです。歯磨きの際にもマウスピースは取り外せます。

歯の移動に伴う痛みが少ない

マウスピース型矯正のインビザラインは、治療のスタートからゴールまでのプロセスをすべてコンピューター上で管理します。シミュレーションに基づいて治療計画を立案し、マウスピースを製作します。マウスピースは、比較的弱い力で歯を移動させることから、治療に伴う痛みも少なくなります。患者さまは、計画に基づいて製作したマウスピースを2週間に1回程度の頻度で交換していくだけで、歯並びを快適に美しくすることが可能なのです。もちろん、マウスピース型矯正装置を初めて装着した時や、次のステージにマウスピースを交換した直後などは、痛みも少し強くなりますが、ワイヤー矯正ほどではありません。

装着時の違和感・異物感が少ない

インビザラインのマウスピースは、厚さが0.5mm程度です。表面も滑らかで、歯列に沿った形状を採っていることから、装着時の違和感・異物感が少ないです。何も着けていないように感じるほど快適ではありませんが、マルチブラケットと矯正用ワイヤーを装着する歯列矯正とは比較にならないほど装着感が良好です。

装置のトラブルが起こりにくい

ワイヤー矯正は、とても複雑な装置であり、ブラケットが外れるなどのトラブルも起こりやすいです。ワイヤーの曲がり具合などもこまめに調整する必要があります。一方、マウスピースというシンプルな装置を使用するマウスピース矯正では、そうしたトラブルがほとんど起こりません。誤ってマウスピース破損してしまった場合も、保存しているデータがあるので、すぐに複製することできます。

虫歯や歯周病のリスクが少ない

マウスピースは2週間に1回交換するため、常に衛生的な状態を保つことができます。取り外し式の装置であり、日々のケアもしやすいです。口腔ケアも矯正を始める前と同様に行えることから、虫歯や歯周病のリスクが顕著に上昇することはありません。

まとめ

このように、マウスピース型矯正には実にたくさんのメリットがあります。ワイヤー矯正と迷っている方は、今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。マウスピース型矯正についてさらに詳しく知りたい方は、いつでもお気軽に当院までご相談ください。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報