つかもと歯科ブログ BLOG

インビザライン矯正も食事制限がある?

歯列矯正は、専用の装置を装着して歯を移動させる歯科治療です。そのため食事の際に配慮しなければならない点がいくつかあります。ただし、それは一般的なワイヤー矯正に該当することで、インビザラインのようなマウスピース型矯正には当てはまらない部分も多々あります。そこで今回は、インビザライン矯正における食事制限や食事において注意しなければならない点などをわかりやすく解説します。

インビザラインに食事制限はない

従来のワイヤー矯正では、装置の破損につながるような硬い食べ物、粘着性の高い食べ物は、控えなければなりません。つまり、ワイヤー矯正には“食事制限”があるのです。一方、食事の際に装置を取り外せるインビザラインでは、基本的に食事制限がありません。矯正治療を始める前と同じように、好きなものを好きなだけ食べることができます。これはインビザライン矯正の大きなメリットのひとつです。

マウスピースを着けたまま食事するとどうなる?

インビザラインのマウスピースであるアライナーを着けたまま食事をすると、装置の破損につながります。また、料理の味や温度なども感じにくくなるため、マウスピースを装着したままの食事にはデメリットしかないのです。そうした点も踏まえて、インビザライン矯正中の食事では、マウスピースを必ず外すことになります。

好きなものを自由に食べられる幸せ

私たちは普段、何気なく食事をしていますが、お口の中にブラケットやワイヤーが設置された途端に大きな不自由を感じることになります。もちろん、マルチブラケット装置も時間が経過するにつれて、違和感や異物感が小さくなってきますが、やはり何も装着していない状態と比べるとストレスを感じやすいです。

とくに食事に関しては、我慢しなければならない点も多くなります。その点、マウスピース型矯正のインビザラインなら好きなものを自由に食べられる幸せを毎日実感できます。歯列矯正は数年に及ぶ歯科治療であり、この点は患者さまにとって極めて大きなメリットとなることでしょう。

飲み物に関する注意事項

実はインビザライン矯正では、飲み物を飲む際にもマウスピースを取り外す必要があります。水のような無色透明で、当分などが含まれていない飲み物ならマウスピースを装着したままでも問題はないのですが、清涼飲料水やコーヒー、紅茶などを飲む際にはマウスピースを取り外してください。マウスピースを装着したまま、それらの飲み物を飲んでしまうと、歯の着色を招いたり、虫歯のリスクを上昇させたりすることとなります。これはマウスピースと歯の間に飲み物が停滞するからです。

まとめ

このように、インビザライン矯正には原則として食事制限がありません。矯正治療を開始した後も、好きなものを自由に食べることができます。歯磨きの際にもマウスピースを取り外せることから、お口や装置のケアも非常にしやすいです。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報