つかもと歯科ブログ BLOG

マウスピース矯正の人気が高まっている理由

歯並びの治療を受けるならマウスピース矯正が良いという人は年々増えてきています。マウスピース矯正にはたくさんのメリットがあると同時に、それによって美しい歯並びを手に入れた人が増えていることも影響しているのでしょう。
ワイヤー矯正と比べるとあまりにもストレスが少ない矯正法なので、深刻なデメリットもあるのでは?と不安に感じている人もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は、マウスピース矯正の人気が高まっている理由や治療に伴うメリット・デメリット、リスクなど併せても詳しく解説します。

矯正中であることに気付かれにくい

大人になってから矯正治療を検討する上でまず気になるのが周囲の目ですよね。とくに人と会う機会が多い職業の方は、複雑な装置を使うワイヤー矯正に強い抵抗を感じるものです。その点、マウスピース矯正は透明な薄型のマウスピースを装着するだけなので、矯正中であることに気付かれにくいというメリットがあります。学生の人も、この点は大きなメリットに感じることでしょう。

ここぞという時にマウスピースを取り外せる

マウスピース型矯正は、着脱式の装置を用います。マウスピースを着けるのも外すのも、患者さまご自身で行っていただくため、ここぞという大事な時に装置を取り外すことができるのです。大事なプレゼンや商談の際には、マウスピースのない状態で臨むことが可能です。もちろん、1日の装着時間は厳守する必要があります。

食事や歯磨きがしやすい

マウスピースを用いた歯列矯正では、食事と歯磨きの際にも装置を取り外すことができます。矯正治療中であっても食事制限がかからないため、好きなものを自由に食べることが可能です。歯磨きもしやすく、虫歯や歯周病のリスクが上昇することもありません。矯正装置のお手入れがしやすい点も人気が高くなる理由のひとつといえます。

痛みや不快感が少ない

矯正治療に伴う痛みや不快感が多いと、日常生活に支障をきたしそうで不安な方も多いかと思います。仕事に差し支えるようであれば、矯正を途中でやめなければならなくなるかもしれませんよね。ワイヤー矯正であってもそれほど強い症状が現れることはないのですが、マウスピース矯正ならより一層ストレスが少なくなります。比較的弱い力で歯を移動させるため、治療に伴う痛みや不快感も少ないのです。これもまたマウスピース矯正の人気が高まっている理由のひとつです。

マウスピース矯正のデメリットやリスクは?

ここまで、マウスピース矯正のメリットを中心に解説してきましたが、当然、デメリットやリスクも存在しています。マウスピース矯正のデメリットとしてまず挙げられるのは、ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くない点です。マウスピース矯正もいろいろな歯並びに対応できますが、抜歯をして歯を大きく移動させる場合は、ワイヤー矯正の方が適していることも多いです。
また、固定式のマルチブラケットとは異なり、マウスピース型矯正装置は患者さまご自身で着脱していただくため、装着時間は自己管理となります。それを面倒と感じる方には、マウスピース矯正のデメリットになるかもしれません。その他、マウスピースを着けたまま食事をすると、装置の破損につながるなどのリスクがあります。

まとめ

このように、マウスピース矯正には、従来の矯正法にはないメリットが多々あるため、人気も年々高まっています。周囲に気付かれず、できるだけ快適に歯並びを治したい方にはおすすめの矯正法といえます。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報