つかもと歯科ブログ BLOG

矯正治療で注意すべき点とその対処法

歯列矯正は、虫歯治療や歯周病治療とは根本的に異なる歯科治療です。そのため、歯並びは治したいけれど、矯正に伴うデメリットが心配、日常生活で不便を感じることが多くなりそうなど、不安な点が多々あることかと思います。そこで今回は、矯正治療を受ける上で知っておくべき注意点やその対処法をわかりやすく解説します。

痛みや不快感は少なからず生じます

虫歯治療は、痛くなっているところを治すための治療ですが、施術の際にはそれなりの痛みや不快感を伴いますよね。それと同じように、矯正治療でも歯並びを治す過程で不快な症状を伴うことがあります。ただし、我慢できないほどの痛みが生じることはまずありません。矯正装置は、痛みや不快感を最小限に抑えるよう調整されるからです。それでも不快症状が不安な方は、マウスピース型矯正装置がおすすめです。インビザラインに代表されるマウスピース矯正なら、治療に伴う痛みや不快感が極めて少なくなります。

治療には数年を要します

矯正治療は、顎の骨にしっかりと埋まっている歯を人為的に移動させる処置です。実際にご自身の手で歯を触ってみるとわかりますが、そう簡単に動かすことはできません。また、強い力をかければ移動しやすくなるというものでもなく、極めて繊細な処置が求められます。そのため、一般的な症例では2~3年の治療期間を要します。これはワイヤー矯正とマウスピース矯正に共通している点です。

そんな矯正期間を極端に短くすることは難しいですが、いろいろな処置を加えることで、短縮することは可能です。例えば、矯正用のアンカースクリューを用いれば、より効率的に歯を移動できます。歯並びの一部分だけを治す“部分矯正”という選択肢も存在しています。

ワイヤー矯正はお口の清掃性が低下します

マルチブラケットと金属製のワイヤーを設置するワイヤー矯正は、治療期間中お口の清掃性が低下します。装置の中に食べかすなどが詰まりやすいからです。強引にブラッシングしようとすると装置の破損につながるため要注意です。正しいブラッシング方法を学び、ていねいにケアする必要があります。1ヶ月に1回、歯科医院でのクリーニングを受けることでも口腔衛生状態の悪化を改善することができます。

ちなみに、インビザラインのようなマウスピース矯正なら、歯磨きの際に装置を取り外せるので、矯正期間中であっても清掃性が低下することはありません。治療を開始する前と同じように歯磨きできます。

まとめ

このように、矯正治療では注意すべき点が多々ありますが、対処する方法も確立されていますのでご安心ください。また、マウスピース矯正ならその多くのデメリット・問題点・リスクを解消することが可能です。いずれにせよ、矯正治療に不安や疑問に思う点がある方は、一度当院までご連絡ください。ワイヤー矯正およびマウスピース矯正についてわかりやすくご説明します。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報