つかもと歯科ブログ BLOG

痛くない矯正はある?

お口中はとても敏感なので、ちょっとした刺激でも痛みや違和感が生じます。それだけに、大きな装置を装着する矯正治療には、それなりの痛みを伴いそうなものです。それが怖くて、矯正治療に一歩踏み出せないという方もいらっしゃることでしょう。そこで知りたいのが“痛くない矯正”があるかどうかですよね。

痛み・不快感がまったくない矯正はありません

結論からいうと、痛みや不快感、違和感などが一切ない矯正治療は存在していません。矯正は、金属製のワイヤーや樹脂製のマウスピースを使って、歯を人為的に動かす治療なので、歯・歯周組織にそれなりの負担がかかるからです。とはいえ、皆さんが想像しているような“我慢できない痛み”が生じることは基本的にありませんのでご安心ください。

どんな痛みを伴うの?

歯科治療というと、歯をドリルで削ったり、歯茎に注射を刺したりするなど、比較的強い刺激を受けることが多いです。矯正に伴う痛みや不快感は、それとは全く別物とお考えください。わかりやすく表現すると、「歯を引っ張られるような感覚」が生じます。どちらかというと鈍い痛みですね。

人によってはほとんど気にならないこともありますので、それほど心配する必要はありませんよ。もちろん、刺激に対する感受性には個人差があるため、どうしても気になってしまう方もいらっしゃることでしょう。とはいえ、私たちは刺激に慣れるのも早い生き物です。ほとんどの方は、矯正に伴う痛みや不快感が段々と気にならなくなります。

矯正による痛みが強くなる時

矯正による痛みや不快感が強くなるタイミングは、初めて装置を装着した時と、ワイヤー等を調整した直後です。そうしたタイミングでは、最も強い矯正力が働くことから、痛みや不快感も強くなります。歯が移動すると矯正力が弱っていくので、装置による痛みも軽くなっていきますよ。

我慢できないほどの痛みが出た時の対処法

矯正治療では、次に挙げる2つのケースで我慢できないほどの痛みが生じることがあります。

過剰な矯正力を働かせている

ワイヤーの調整が不適切だと、歯に対して過剰な矯正力が働くことがあります。これはひとえに歯科医師側のミスなので、早急に調整し直してもらいましょう。ワイヤーの屈曲度などを変更することで、痛みもすぐに和らぎます。

矯正装置が故障した

ワイヤー矯正は、とても構造をしているので、不適切な食習慣や口腔習癖で故障することがあります。その結果、矯正装置の一部が歯や歯茎を圧迫したり、傷つけたりすることがあるため要注意です。こうしたケースもすぐに歯科を受診して、問題となっている箇所を修理する必要があります。そのまま放置すると、歯や歯茎に深刻なダメージが及ぶため要注意です。

まとめ

このように、矯正治療にはある程度の痛みを伴います。できるだけ痛くない矯正がお望みであれば、マウスピース型矯正がおすすめです。インビザライン矯正なら、比較的弱い力で歯を移動させますし、装置による刺激も少ないです。とはいえ、痛みや不快感がゼロになることはありませんので、その点はご了承ください。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報