つかもと歯科ブログ BLOG

矯正治療で通院する頻度はどのくらい?

歯科治療というと、1週間に1回の頻度で通院するのが普通ですよね。むし歯治療であれば、初診で歯を削り、1週間後には詰め物を装着したりします。むし歯治療は、期間自体がそれほど長くないため、週一回の通院でも大きな負担とはなりません。一方、矯正は数年単位の治療期間を要するので、どれくらいの頻度で通院しなければならないのか、不安に感じている方も多いことでしょう。今回はそんな矯正における通院頻度について、治療法別にわかりやすく解説します。

ワイヤー矯正の通院頻度

矯正用ワイヤーとマルチブラケットで歯を移動させるワイヤー矯正は、比較的高い頻度で通院する必要があります。具体的には、1ヶ月に1回程度です。一般歯科の治療と比べると頻度はかなり低いのですが、マウスピース型矯正との比較では高頻度となります。

1ヶ月に1回通わなければならない理由

ワイヤー矯正の通院頻度が高い理由は、矯正システムが複雑だからです。マルチブラケットを設置する位置やワイヤーの屈曲度によって、矯正力が大きく変わるシステムなので、定期的に微調整していく必要があります。そういう意味においては、矯正医の技術に治療結果が左右されやすい矯正法ともいえます。

マウスピース(インビザライン)の通院頻度

マウスピース型矯正の代名詞ともいえるインビザラインは、通院頻度が比較的低い矯正法です。ケースによっても異なるのですが、2ヶ月に1回程度の通院で治療を進めることが可能です。ワイヤー矯正と比較すると、通院の間隔がかなり空くので、患者さまにとっては非常にメリットが大きいのではないでしょうか。

通院頻度が低い理由

インビザラインの通院頻度が低い理由としては、装置がシンプルである点が挙げられます。インビザラインの矯正装置であるアライナーは、樹脂で作られたマウスピースです。薄型で、歯列に沿った設計となっており、調整を加えるという概念がありません。また、治療を開始する時点で、ゴールまでのマウスピースが完成しているので、通院の度に新製する必要もないのです。さらに、歯の移動は専用のソフトを使ったシミュレーションで厳密に管理されています。患者さまは2週間に1回の頻度でアライナーを交換していただくだけで、歯の移動も計画通りに進行します。とはいえ、いろいろな要因によって計画に乱れが生じることもあります。また、お口の中の状態も定期的にチェックしなければならないこともあり、2ヶ月に1回の通院が必要となります。

まとめ

このように、矯正治療の通院頻度は矯正法によって大きく異なりますが、一般的には1~2ヶ月に1回程度です。それほど頻繁ではないので、お忙しい方でも問題なく治療を受けられますよ。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報