つかもと歯科ブログ BLOG

部分的に矯正するのは可能?そのメリット・デメリットも解説

歯並びの治療は受けてみたいけれど、2~3年は長すぎる、費用が少し高すぎる、といった悩みをお持ちの方は「部分矯正」に関心があることかと思います。歯並び全体ではなく、一部分だけ矯正する方法なので、いわゆる「全顎矯正(ぜんがくきょうせい)」と比較すると、患者さまにかかる負担が大幅に軽減されます。今回はそんな部分矯正の特徴やメリット、デメリットなどについてわかりやすく解説します。

部分矯正とは?

部分矯正とは、その名の通り歯列の一部分、あるいは特定の歯だけ矯正する治療法です。最もわかりやすい例が前歯部の部分矯正ですね。前歯は最も目立つ部分なので、そこだけ歯並びをきれいにしたい方には、適した治療法といえます。その他、インプラントを埋入するために歯列の一部を矯正して、スペースを確保するようなケースもあります。

部分矯正のメリット

部分矯正には、次に挙げるようなメリットがあります。

費用が安くなる

一般的な全顎矯正では、80~100万円程度の費用がかかりますが、部分矯正であれば20~50万円程度で受けられるケースが多いです。歯並び全体を治す場合の半額以下のとなるため、経済的負担を軽減できます。

治療期間が短くなる

治療期間を大幅に短縮できる点も部分矯正の大きなメリットです。歯並びの状態や矯正する部位によって大きく変動しますが、3~12ヶ月程度で治療が完了するケースがほとんどといえます。つまり、全顎矯正とは比較にならないほど治療期間を短縮できるのです。

部分矯正のデメリット

部分矯正はとても便利で負担の少ない治療法ですが、次に挙げるようなデメリットを伴うことも知っておいてください。

かみ合わせは改善されない

歯を正常に機能させる上で最も重要なのは「かみ合わせ」です。上下の歯がそれぞれ適切な位置でかみ合うことで、効率良くそしゃくすることができるのです。歯並び全体を整える全顎矯正なら、かみ合わせも調整可能なのですが、部分矯正となるとそれは難しくなります。

歯の隣接面を削ることがある

乱ぐい歯や出っ歯といった歯並びは、スペース不足が原因となっていることが多いです。全顎矯正であれば、歯列のアーチを広げたり、奥歯を後方に移動したりするなどしてスペースを確保できますが、部分矯正ではそうしたアプローチが難しく、歯と歯の間のエナメル質を削る必要ができます。もちろん、歯の切削は健康に害が及ばない範囲にとどめますが、正常なエナメル質を削ることに抵抗を感じる人は少なくありません。

メリット・デメリットを理解した上で治療法を選択しましょう

部分矯正は特殊な治療法であり、一般的な歯列矯正とは異なる部分があまりにも多いです。そのため、治療を選択する際には、部分矯正に伴うデメリットまでしっかり理解しておく必要があります。また、部分矯正が適応できる症例も限られていますので、関心のある方はまず一度、矯正医に相談しましょう。

まとめ

このように、歯並びを部分的に治すことは可能です。矯正にかかる費用を抑え、治療期間を大幅に短縮することはできますが、かみ合わせが改善されないなどのデメリットも伴いますので、その点も理解した上で矯正法を検討しましょう。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報