つかもと歯科ブログ BLOG

つかもと歯科ブログ一覧 BLOG

乳歯と永久歯の見分け方や違い、注意点を解説

子供は6歳くらいになると、永久歯が生え始めます。全部の永久歯が生えるまでには6年程度を要するため、12歳くらいまでは乳歯と永久歯が混在する状態が継続します。いわゆる“混合歯列期”と呼ばれるものですね。そんな子供の歯と大人の歯が入り乱れる期間は、親御様も不安に感じる点が多々出てくることでしょう。今回はそんな乳歯と永久歯の違いや混合歯列期の注意点についてわかりやすく …

詳しく見る

子供は大人以上に定期検診が重要?

日本が「口腔ケアの後進国」とも呼ばれる理由は、定期検診受診率の低さにあります。口腔ケアへの関心が高い方は、3ヶ月に1回程度の定期検診・メンテナンスを受けているかと思いますが、現状、大半の人は「痛くなった時」に歯科を受診します。その結果、治療の度に歯質を失って、歯の寿命も短くなっていくのです。その点、いずれは永久歯と入れ替わる乳歯は、それほどケアに力を入れなくても …

詳しく見る

親知らずの抜歯とその他の治療方法

親知らずは永久歯の中でも少し特殊な奥歯です。永久歯は親知らずも含めると全部で32本生えてきますが、基本的に12歳前後で萌出が完了します。一方、親知らずは20歳前後に生えてくることが多く、スペース不足を余儀なくされます。その結果、いろいろなお口のトラブルを引き起こしやすくなっているのです。今回はそんな親知らずの治療方法についてわかりやすく解説します。 抜歯が …

詳しく見る

タバコと虫歯に関係はある?

昨今、タバコが健康に与える悪影響について広く知られるようになり、禁煙する方も非常に多くなってきました。お口の健康では、歯周病との関連が強く、国や歯科医師会、あるいは個々の歯科医師からも注意喚起される場面が増えてきていますよね。そこで気になるのが「虫歯」との関わりです。タバコの煙というのは、歯茎だけでなく歯に対しても悪い影響を与えそうなものですが、実際はどうなので …

詳しく見る

同じ歯が何度も虫歯になるのはなぜ?詰め物・被せ物が原因?

虫歯は細菌感染症ではあるものの、薬で症状が緩和されるようなことはありません。細菌に感染しているエナメル質・象牙質をドリルで削らなければ治すことができないのです。それだけの外科処置を行ったのであれば、もう二度と虫歯にはなりそうにありませんが、実際はそうではありません。一度虫歯になった歯は、感染を繰り返してしまうことがよくあるのです。今回はそんな同じ歯が何度も虫歯に …

詳しく見る

口臭の原因は虫歯?それとも歯周病?

普段通りに歯磨きしているのに、最近、口臭が強くなったように感じる。そんな時はお口の中を注意深く観察してみてください。何らかの異常が認められるかもしれません。そこでもし歯や歯茎、粘膜に病気の兆候が見られたらすぐ当院までご連絡ください。口臭の原因と突き止めた上で、最善といえる治療法をご提案します。今回はそんな口臭の原因となるお口の病気・異常についてわかりやすく解説し …

詳しく見る

金属アレルギーの人の詰め物・被せ物治療

虫歯は自然に治ることのない病気であり、完治させるには汚染された歯質を削る必要があります。何もせず放置すると、虫歯菌が産生する酸で歯質がどんどん溶かされていきます。いずれにせよ虫歯にかかると、再生することのないエナメル質・象牙質を失うことになるため、詰め物・被せ物で補わなければなりません。その際、金属アレルギーをお持ちの方は、使用する材料に十分配慮する必要がありま …

詳しく見る

虫歯を放置するリスクについて

歯医者さんが苦手な人は、虫歯になってもなかなか歯科を受診できないことかと思います。虫歯治療では、歯茎に麻酔を打ったり、ドリルで歯を削ったりするなど、不安な要素も多々あります。それだけに、ついつい先延ばしにしてしまう気持ちもよく理解できますが、虫歯を放置するリスクを無視するわけにもいきません。そこで今回は、虫歯治療を受けずに放置した場合のリスクについて、わかりやす …

詳しく見る

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報