つかもと歯科ブログ BLOG

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いとは

昨今、マウスピース型矯正装置が人気を集めていますが、従来のワイヤー矯正との違いについて詳しく知りたい方が多いようです。そこで今回は、マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いについてわかりやすく解説します。

着脱式か固定式かの違い

マウスピース矯正とワイヤー矯正には、装置の装着方法に大きな違いがあります。マウスピース矯正はその名の通りマウスピースを使って歯の移動を行う治療法です。そのため、矯正装置は患者さまご自身で着脱できます。一方、ワイヤー矯正は、マルチブラケットを歯面に接着し、矯正用ワイヤーを通す治療法であるため、患者さまご自身で取り外すことはできません。装置の着脱は、歯科医師のみ行うことができます。

見た目の違い

インビザラインに代表されるマウスピース型矯正は、透明な樹脂製のマウスピースを用いることから、矯正中でも口元の審美性が低下しません。よほど近くで見ない限り、マウスピースを装着していることに気付かれないことでしょう。その点、ワイヤー矯正は、審美面においてマウスピース矯正に大きく劣ります。

標準的なワイヤー矯正では、金属製のブラケットと矯正用ワイヤーを歯列全体に設置するので、遠くから見ても矯正中であることが一目でわかります。もちろん、表面が白くコーティングされたホワイトワイヤーやプラスチック・セラミックなどで作られた審美ブラケットをオプションで選択することで、目立ちにくくさせることは可能ですが、どんなに工夫してもマウスピースほど審美性を高めることはできません。。

矯正に伴う痛みの違い

矯正治療には、必ず不快感、場合によっては痛みを伴います。顎の骨にしっかり埋まっている歯を矯正装置によって強引に動かすのですから、少なからず不快症状は生じるものです。ただ、矯正装置によっては治療に伴う痛みや不快感を軽くすることが可能です。

というのも、マウスピース型矯正は比較的弱い力でじっくりと、確実に歯を移動するため、施術に伴う不快感や痛みも相対的に弱くなる傾向にあるのです。かといって、治療期間が長くなるわけではありませんのでご安心ください。インビザラインでは、歯にかける矯正力や移動の速度などをコンピューター上で厳密に管理しており、通常のワイヤー矯正と同程度の期間で治療が完了するようコントロールできます。ただ、比較的強い力で歯を移動できるワイヤー矯正ほど、適応範囲が広いわけではありません。ワイヤー矯正は、三次元的な歯の移動も得意であり、メリットも多い矯正法ではありますが、施術に伴う痛みは比較的強くなっています。

適応範囲の違い

上述したように、マウスピース型矯正とワイヤー矯正を比較した場合、後者の方が広範囲の症例に適応可能です。抜歯を行って、歯を大きく移動させるケースでは、マウスピース型矯正よりもワイヤー矯正の方が適しているといえるでしょう。

まとめ

このように、マウスピース矯正とワイヤー矯正には、複数の点において違いが見られます。どれも矯正治療を受ける上で重要となるポイントなので、何を重視するのかを事前に考えておくことが大切です。その上で、最適といえる治療法を選択しましょう。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報