つかもと歯科ブログ BLOG

目立たない矯正法を希望される方へ

大人になってから矯正治療を受けるとなると、周囲の目が気になりますよね。とくに人と接する機会が多いお仕事の方は、できるだけ目立たない矯正法を希望されることかと思います。そこで今回は、装置が目立ちにくい矯正法についてわかりやすく解説します。

マウスピース型矯正装置がおすすめ

目立たない矯正法を希望されるのであれば、マウスピース型矯正装置がおすすめです。インビザラインに代表されるマウスピース矯正は、透明な樹脂製の装置を装着することから、周囲に気付かれずに歯並びを治療することが可能です。

インビザライン(マウスピース矯正)の特徴

インビザラインでは、アライナーと呼ばれるマウスピース型矯正装置を使用します。アライナーは、厚みがわずか0.5mm程度しかありません。全体の形状も歯列にフィットするように設計されており、見た目はもちろん、装着時の違和感や異物感も極めて小さいです。これほど快適な矯正装置はなかなかありません。標準的な歯列矯正であるワイヤー矯正とは、大きく異なる治療法です。

どのくらい目立たない?

「目立ちにくい」といっても、実際は矯正中であることにすぐ気付かれるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。確かに、マウスピースを装着していることを絶対に気付かれないというわけではありません。例えば、マウスピースのケアを怠っていると、着色が生じて目立ちやすくなることがあります。

また、至近距離で凝視したら、さすがにマウスピースを装着していることがよくわかってしまうことでしょう。いずれにせよ、どのくらい目立ちにくいかは、実際のマウスピースをご覧になっていただいた方が良いかと思います。インビザラインなどのマウスピース型矯正に興味のある方は、お気軽に当院までご連絡ください。現物をお見せした上で、インビザラインに関する疑問にもお答えします。

目立ちにくいワイヤー矯正もある

一般的なワイヤー矯正は、歯列の表側にマルチブラケットと矯正用ワイヤーを装着します。そのため、審美性においてはマウスピース型矯正装置に劣っていると言わざるを得ないでしょう。ただ、ワイヤー矯正であっても、審美性を重視した施術法を選択することは可能です。最もわかりやすいのが“裏側矯正”ですね。その名の通り歯列の裏側にブラケットと矯正用ワイヤーを設置するため、正面からは何も着けていないように見えます。

ある意味でこれはマウスピース矯正よりも審美性が高い、あるいは目立ちにくいといえます。ただし、裏側矯正は、費用が比較的高い、舌感が良くない、歯磨きしにくいなどのデメリットも伴うため、決して万能な矯正ではないという点もご承知ください。その他、表側矯正でも表面が白くコーティングされた“ホワイトワイヤー”やセラミックなどで作られた“審美ブラケット”などを選択することで、審美性を追求することが可能です。

まとめ

このように、目立たない矯正治療を希望される方には、マウスピース型矯正が第一に推奨されます。インビザラインの技術は年々進歩しているので、いろいろな歯並びに適応することが可能です。インビザラインが難しいケースでは、上述したような審美性に配慮したワイヤー矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

CONTACT お問い合わせ

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~17:30 ※水曜は19:00までの診療 ※土曜は17:00までの診療 
【休診日】木曜・日曜・祝日

0587-54-2130 WEB予約 採用情報